引越し業者渋谷

引越し業者の渋谷での1番簡単な選び方

渋谷 引越し業者 選び方

渋谷 引越し 相場

渋谷 引越し業者 価格

渋谷 引越し業者 費用

渋谷 引越し業者 相場

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると渋谷区だけでも25件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

 

サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越し料金のしくみ

 

渋谷 引越し しくみ

 

引越し料金は、主に人件費+移動距離+オプションの有無によって決まります。
そしてこれらは荷物の量で大きく変わるのです。

 

同じ一人暮らしの引越しといっても、荷物が少ない人と多い人とでは引越し費用は同じではありません。
壁一面に本がびっしりと並べられているような人の引越しは当然高くなります。
例えば本を宅急便で運ぶのでさえ料金が違うのですから、なんとなく想像できますね。

 

人件費はやはり荷物の量が多ければ多くのスタッフが必要となり高くなります。
さらには新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフも交代の人が必要となりその分人件費がかかります。

 

他にも人件費が高くなる要素があり、例えば4階の引越しでエレベーターが無い物件はある物件よりも多くのスタッフが必要です。
引越しに必要なスタッフの数はそれぞれ違うので、「1人暮らしの引越し=〇〇円!」という記載がないのです。

 

そして移動距離が遠ければ、当然ですが高速道路を使用しますので交通費が高くなります。
さらにはガソリン代も多くかかり、これらの費用が引越し料金に反映されるため遠距離の引越しはかなり高くなるのです。

 

そして、オプションは必要な人だけが使うものといった感じでしょうか・・・。
すべての人がエアコンの移設やピアノの運送を希望しているわけではありませんので、これら特殊な引越しは別料金が設定されており希望される方にだけ付けられるというものです。

 

引越しにかかつ経費はいろいろな要素が集まってできていますので、宅配便のように何キロまで〇〇円という表示はありませんし、いくらかかるかを調べても出てこないのです。
あなた自身の引越し費用の相場や最安値が知るには、複数の引越し業者から見積もりを取ってみるのが1番の近道です。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し費用を安くする

 

引っ越し費用をできるだけ安くしたい。
引っ越しにかかる経費は荷物の量に比例して高くなりますので、それを安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。

 

そして3月前後は引越し業者の繁忙期なので、1年で一番引っ越し費用が高いです。
できればこの時期は避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられない場合は、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用を重視するのであれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しの時期と繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越し会社には繁忙期というものがあります。
1年で一番引越し業者が忙しい時期、それは3月です。
3月の繁忙期になると、引越し業者はスタッフを増員したり多めに仕事をして何とかこなそうとしますがそれでも引越しの件数が多すぎる場合は予約を断ることもあるのです。

 

そんな時期ですから、通常期に比べて繁忙期は引越しの料金が当然高めに設定されています。
もし時期にこだわらないのであれば、繁忙期の引越しは避けましょう。

 

それでも繁忙期に引越ししなければならないのであれば、早めに引越し準備を行いましょう。
繁忙期といえどもどこの会社も全く引越し費用が同じということはあり得ません。

 

早めに見積もりを取ることで多くの引越し業者からの返事が期待できます。
5社で比較するのと2社で比較するのとでは当然、5社の方が引越し費用を安くできる可能性高くなります。

 

しかしまだ安心はできません。
見積もりを取ったら必ず引越し業者と契約しましょう。

 

見積もりだけ取って満足し、いざ契約と思ったら予約が埋まっていたなんてこともあり得ます。
そんなことの無いように万全の準備をしておきたいですね。

 

 

引越しの初期費用とは?

 

引越しの初期費用

 

引っ越しはお金がかかりますが、その中でも新居物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
新居物件の取得費にはいろいろありますが、どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など
どういうものなのでしょうか?

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で、入居前に管理会社に預けるという形になります。
部屋を綺麗に使っていれば戻ってくることもあります。
最初に家具を入れる前に大きな傷やへこみは写真に撮って、自分がつけたものではないことを証明できるようにしましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるお礼のことで昔からの慣習となっています。
しかし最近は礼金ゼロという物件も増えています。
空き家が増えており、少しでも入居者が入りやすいように配慮してくれる大家さんが多くなりました。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
逆にフリーレントで1カ月家賃が無料という物件もあります。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的に1件あたり〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。
仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
なぜなら自分が出火したわけでもない火事であっても、もらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできないからです。
もらい火でも自己責任となりますので、火災保険は自分のために必ず加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
昔は家賃滞納のリスクに備えて、契約書に親や兄弟、親戚などの連帯保証人を記載するのが一般的でした。
本人が家賃を支払えない場合に変わりに払ってもらえる人ですね。
しかし最近は一人親、一人っ子も多くなり連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
家の場所を知っている他人が自分の家のカギを持っている可能性が拭えないと恐怖です。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

 

東京都渋谷区
笹塚 幡ヶ谷 富ヶ谷 桜丘町 宇田川町 神泉町 千駄ヶ谷 南平台町 上原 大向・恵比寿 神南 渋谷 恵比寿 大山町 新橋 幡ヶ谷 氷川 東 代々木 鉢山町 元代々木町 鶯谷町 千駄ヶ谷 道玄坂 代官山町 円山町 恵比寿西 代々木神園町 西原 松濤 本町 神山町 広尾 初台 神宮前 代々木 猿楽町

 

 

 

 

 

引越し業者船橋